無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

上司よ、厳しくするなら部下に夢を見せてくれ

スポンサーリンク

ツイッターを見ているといかにひどい上司がいた/会社で働いているという投稿をよく目にする。
 
今朝発見したのはこの2つのツイート。
 
 

 

 

 
 
僕はもう新人でも新社会人とも言える歳ではない。
仕事で新人の指導もするし、面接もした経験がある。
 
一昔前の気合と根性という精神論が通用しなくなってから「上司」「先輩」という立場の人は部下のマネジメントにかなり気を使っている人も多いんじゃないか。
 
 
自分の場合はとにかく優しく接するようにしているが、それだけでは新人は上手く育たない。
アメとムチのバランスが重要だなあと自分の経験上、すごく感じる。
 
 
これまでの仕事経験で印象的な上司が1人いる。
 
大学を卒業して最初に就職した時の会社の上司だ。
その上司はとにかく厳しい人だった。
 
 
何か失敗したらとにかく説教。
なんでできないの?
前にも説明したよね、これ
こっちも仕事を止めて教えてるんだから一回で覚えてよ
そんなんじゃこの会社でやっていけないよ
君のことをどう評価していいのかわからない
 
などなど・・
思い出すだけでキツイ…(笑)
 
当然、入社1年目で仕事の覚えが遅い自分が悪いんですけどね。
 
*(僕は本当に仕事を覚えるのが遅かった。
同期、何十人といた中で1番遅かったと思う。
だからこの上司がキレる気持ちはわからなくはない。)
 
 
とはいえ最後の
どう評価していいかわからない
と言われた時に
そうっすか。じゃあもう辞めるわ
と思って、辞表を出した。
 
 
厳しいだけで自分にとって良い上司ではなかった。
なかば逃げるように退職したし。
 
 
 
 
その上司は僕の5年先輩だった。
 
入社して間もない頃に昼メシを一緒に食べに行ったのだが、500円のランチを割り勘にさせられてビックリした。
 
いや奢ってもらって当たり前と思うなよ、と言われればそれまでなんだけど。
 
 
5年先輩の人が入社したての新人に500円のメシを割り勘にするとは・・
 
 
 
その割り勘ランチの後、一緒にオフィスに戻る時に自動販売機で100円の缶コーヒーを買っていたのだが、
その時に
オレの楽しみは食後の100円の缶コーヒーだけだわ。
と愚痴をこぼしていた。
 
 
新入社員からすると夢がないですね・・(汗)
 
 
 
 
実を言うと、その上司は新婚で奥さんも妊娠したばかりであった。
だから子育てのために節約生活を強いられていた。
 
そういうのもあって500円のランチも割り勘で、100円の缶コーヒーを1日の楽しみにせざるを得ない状況だったのだ。
 
 
いずれにせよ、新入社員からすると夢がないですね・・(汗)
 
 
 
で、僕はその時にどう思ったのかというと
この厳しい上司の下で働いても将来100円の缶コーヒーを楽しみにする生活が待ってるだけとか、アホらし。
上司よ、厳しくするなら部下に夢を見せてくれ。
 
 
 
その後、会社を辞めることになったが全く後悔はしていない。
むしろ英断だっただろう。
 
 
辞めた後ちょっと生活に苦労するがなんとか別の仕事に就くことができて今がある。
 
 
 
この厳しくてケチな上司の指導法の影響のせいか、自分に部下や後輩ができたときには極力優しく接するようにしている。
 
メシも奢るようにしている。
なんだったらレッドブルを差し入れすることもある。
キャバクラを奢ったこともあった。
 
良い上司なのかはわからないが、最低限悪い上司ではないだろう・・と思っている。
(というか思い込んでいる・・)
 
 
 
 
上司よ、厳しくするなら将来報われるという夢を見せてくれ。
 
部下からすると上司というのは将来の自分を写す鏡だ。
 
5年後、節約生活を強いられている上司がいるということは、部下も5年後結婚して家庭を持った時に自分も100円缶コーヒーを楽しみにする生活をする可能性があるということだ。
 
 
仮にそんな夢のない会社なら最低限、居心地の良い職場であってくれ。
厳しいのが許されるのは将来報われるという確証がある時のみ。
 
それ以外は優しく接して、楽しく過ごせる職場を作り和気あいあいと毎日を過ごそう。
だって部下とのメシも割り勘するような生活が将来待っているなんて考えただけで朝起きるのが苦痛になるんだから。