無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

【マッチングアプリ】女性の「寝落ちしてた」は信用してはいけない

スポンサーリンク

マッチングアプリでやり取りしている女性に「電話しませんか?」と誘ったが、電話直前に「寝落ちしてた」とドタキャンくらった話。

しかも4人の女性にだ。

 

 

これは割とマジでキレそうになった。
怒りに任せてキーボードを叩くなんて人生で初めてではないだろうか。

 


マッチングアプリで女性と純愛から遊びまで楽しもうと登録した。

 


いつも女性とマッチングしてからの流れを簡単に。

①10通くらいアプリ内でメッセージのラリーをする

②「声聞いてみたいので電話しませんか?」と誘う

③OKもらったらLINEを交換する

④LINEでいつ電話できるかを聞く

⑤電話する

⑥電話中に「ご飯でも行きませんか?」と誘う

⑦会う

 

以上、7ステップだ。

我ながらなかなかの効率の良さだと思っている。

 


ダラダラやり取りするのではなく、パッとお互いを知って、ちょこっと電話をして、食事に誘う。

スティーブ・ジョブズのプレゼンのように無駄のないスマートな流れだと自負している。

 

 

 


が・・

今回④と⑤の電話に誘うステップで問題が多発した。

 


マッチングしてからアプリ内でのメッセのやり取りは順調であった。

そろそろ次のステップへ、と思いLINEで電話を誘う。

 

そしてLINEの交換もスムーズに進んだ。

 


今日の夜とか時間ありますか?
5分だけでも電話してみませんか?

 

相手の予定に合わせ「5分だけ」と限定して、相手側になるべく負担の少ないように配慮したつもりだ。

これよりイケてる電話の誘い方があれば逆に教えて欲しい。

 

 

返事は

夜大丈夫ですよ!
はい、電話しましょう!

 

 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

よし!

相手のプロフィールやメッセのやり取りを見返して電話で話す内容を考える。

 


そして、電話中にご飯を誘ってみる。

 

(相手は土日休みか。

定時で帰れる仕事してるなら平日。

終わる時間が遅い日なら週末に誘ってみよう)

 

 

会話の内容も決めた。

自宅で発声練習もした。

 

こちらは準備万端だ。

 

いざ、電話!

 

 

出ない・・・

 

 


1時間後

 

すいません

寝落ちしてました

 


\(^o^)/オワタ

 

電話ブッチされました・・

 

 

 

いやいや、オワタってそりゃあ仕事終わりで疲れていて本当に寝てたんじゃないの?

と思った人もいるかも知れません。

 


でもね・・

ここ数日で4人の女性に寝落ちを理由に電話をドタキャン、というかブッチされることありますか・・?(泣)

せっかく相手都合に合わせたのに・・・

 

 

 

 

最終的に4人の女性に電話を無視されてどうしたのかというと・・

 

たった5分の電話もできないようなヤツと待ち合わせしても当日またドタキャンするか、会っても仲良くはなれないだろうということでLINEブロック削除しました。


怒りの感情に身を任せ、勢いそのままにブロック削除です。

 

 

 

今後の対策

アプリ内で電話OKをもらいLINE移行後、電話することなく終わってしまった結果を次に活かさなければならない。

 

まず第一に無駄にライン交換をしない

電話できない。
ひいては会えない人とLINEを交換するのは無駄な行為である。

 

そこでまずLINE交換をできるだけ先延ばしにする。

 

 

今まではアプリ内で

①電話しましょう

②LINE交換

③いつ電話できますか?

④電話する

 

という流れだった。

これを②と③を入れ替える。

 

①電話しましょう

②いつ電話できますか?

→「今電話できますよ!

③LINE交換

④電話する

 


アプリ内で、今電話できる状態になった瞬間にLINEを交換して、すぐに電話する。


こうすればLINE交換した挙げ句、電話できずにやり取りが終了してしまうことを防げる可能性があがる。

 

そしてそれは会えない女性とLINEという個人情報の交換を防ぐ事ができる。

 

やはりLINEとはいえ個人情報だ。

無駄に不特定多数と交換するのは良くない。

しなくて済むならそれがベストである。

 

 

 

そしてここでもう一つ別の問題を考えなければならない。

それは男と女とではLINEの交換についての捉え方が違うということだ。

 


どういうことか。

 

それはLINEを交換したからといって、それは女性が自分に対して心を開いたわけでも、距離が近づいたわけではないということだ。

 


男性の場合、マッチングアプリは有料だ。

というのもあって、有料のアプリから無料のLINEに移行することが1つの関門である。

 


だからこそ女性とやり取りしていてLINEの交換をした時に

第一関門クリアしたぞ!

とどうしてもテンションが上がってしまう。

 


しかし女性はアプリもLINEも無料なのだ。

別にアプリだろうが、LINEだろうがどっちでもいいのである。

 

 

男からすれば最初の難関をクリアしたと思っていることでも、女性からすれば何てことのないことなのだ。

 


男目線では女性との距離は

 

アプリ<LINE<電話<会う

 

という順序で距離が縮まっていると考えがちだ。

しかし女性目線ではこうだ。

 

アプリ=LINE<電話<会う


アプリとLINEは=(イコール)なのだ。

 

 

そう。

LINEを交換できたからといって、その女性が心を開いた訳でも距離が縮まった訳でもない。

 


男性はそれを勘違いしてはいけない。

LINEを交換したからといってテンションを上げてはいけない。


また目的は会うことであって、LINEを交換することでも楽しくメッセのやり取りをすることではない。

 

 


マッチングアプリを使う男性の中には早々に女性とLINEの交換をしたがる人が多いが、個人的にはそのやり方はオススメしない。


女性にとってはアプリ内でのやり取りもLINEでのやり取りも同じなのだから、途中でやり取りが途絶えることも考慮してできるだけアプリ内でのやり取りをオススメする。

 

 

今回の教訓

・女性の寝落ちしてたは信用してはいけない。

→直前でめんどくさくなったか、他に良い男を見つけたのだろう

 


・簡単にLINEの交換をしてはいけない

→会えない女、または電話すらできない女と関わるのは時間の無駄である

またLINEという個人情報も大事にしなければならない

マッチングアプリからLINEに移行するタイミングに注意