無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

「ミッション・インポッシブル フォールアウト」観てきた感想&ヒロインの女優さんに関して

スポンサーリンク

f:id:mdrcch:20180905221752j:plain

台風21号の影響で自宅に缶詰にされた時にミッション・インポッシブルを何作か観た。
 
あまりの面白さに「これは新作も観ないと!」ということで、もうぼちぼち公開終了なところを滑り込みで新作の「ミッション・インポッシブル フォールアウト」を観てきた。
 
 
ストーリーは毎度お馴染みのテロリストから世界を救うというもの。
最初は順調に進むが途中でピンチになる。
しかし最後はギリギリのところでミッションクリア。
 
水戸黄門やドクターXのように常に同じ展開だからこその安心感・安定感。
 
 
2時間という長丁場ながら3つのパート(ドイツ、フランス、インド)でストーリーが展開するので途中でだれたり飽きることなく、最後まで突き進んでいく。
 
ここは集中して観る部分、今はちょっと息抜き感覚で観る部分だな、とわかるので息抜き部分でトイレに席を立つ人もいた。
(ちなみに僕ですw)
 
 
 
またアクションシーンも健在。
最初のパラシュート、車、バイク、そして今作の見どころヘリコプター。
トム・クルーズって本当に56歳なの?!
年齢を重ね、新作のたびにアクションシーンの難易度が上がっていき、余裕でこなす姿はまるでベンジャミン・バトンのよう。
 
エンドロールが流れた時に誰しもが「トム・クルーズが世界でNo.1の俳優だな」と思ったはず。
 
 
個人的お気に入りのシーンはパリでのバイクシーン。
街中をバイクで駆け抜けるトム・クルーズいとカッコ良し。
 
 
またターゲットを全力疾走で追いかけるシーンがあるのですが、とある会社のオフィスの窓を椅子を投げてぶっ壊し、ビルから飛び降りるシーンもまた良かった。
 
ミッション遂行に全身全霊のトム・クルーズと職場に乱入者(トム・クルーズのこと)が現れ何が起きているのかポカーンとしているオフィスの従業員たちとの温度差には思わず笑ってしまった。
明石家さんまの言う「笑いは緊張と緩和」というのはまさにこれ。
 
 
 
 
いやいや〜本当にトム・クルーズカッコよかったです。
新作も面白かった。
 
唯一残念なことは4DXで観れなかったこと。
2Dだったのですが、3Dか4DXだったらもっと楽しめただろうなあ〜。
そこが残念。
もっと早くにミッション・インポッシブルと出会えていれば・・・
 
 
 
 
 
また今作の中でのヒロイン的存在の女優、レベッカ・ファーガソン
(前作の「ローグネイション」から引き続き出演)
マジで美人ですね。
 
このなんというか気の強そうというか爬虫類的な顔。
ぜひとも捕まってあの手この手でみっちり拷問されてみたいです。
 
 
イビサという役名でミッション・インポッシブルには出演されています。
役柄はイギリスのMI6(アメリカのCIA的な存在)の諜報員です。
 
映画内で彼女も殴る蹴るのアクションシーンがあるのですが、彼女の相手役になった人、ほんまご褒美ですね。
羨ましいです。
代わって欲しいです。
 
 
 
ちなみにスウェーデン出身で今年35歳だそうです。
ミッション・インポッシブル以外ではグレイテストショーマンにも出ているみたい。
僕はまだグレイテストショーマン観てないので、これは必見ですな。