無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

【甲子園観戦記】2軍阪神VSソフトバンク 甲子園という魔境に飲まれた矢野2軍監督

スポンサーリンク

f:id:mdrcch:20180922092801j:image
9月21日12:30、矢野二軍監督率いる阪神タイガースの優勝を見るべく甲子園に行ってきました。
 
相手はソフトバンク
勝てばホームで優勝という劇的な瞬間に立ち会える。

 

 
が、まさかの敗戦。
胴上げならず。
 
 
今年の甲子園はなぜか阪神に対して厳しい。
2軍の試合は普段は甲子園ではなく鳴尾浜で開催される。
 
しかし優勝が掛かった対戦カードということでソフトバンクとの試合を急遽、鳴尾浜→甲子園に変更された。
収容人数500人の鳴尾浜から数千人以上入る甲子園でたくさんのファンの方と優勝の喜びを分かち合うためだ。
 
 
にも関わらず、2日あるはずの甲子園での試合は1日は雨で中止、2日目の昨日はソフトバンク相手に1−7で完敗。
 
 
今年の阪神は1軍、2軍、ともに甲子園で勝てない。
なぜなのか・・・
 
1軍に関してはホームである甲子園の勝率は5割を切っている。
ホームに弱いチームなのだ。
 
 
そしてその弱さが伝染したかのような昨日の敗戦。
ヒットは2本しか打てず。
エラーも3つ。
ウエスタンリーグ盗塁数158という新記録を樹立したのものの2度の盗塁失敗。
 
ソフトバンクの3軍?で背番号144という3桁のコラスという選手にバックスクリーンにホームランを打たれる。
 
などなど・・良い所が一つもなかった。
 
 
優勝が掛かり、鳴尾浜ではなく甲子園という舞台。
2軍の若虎たちは本来の実力を発揮できなかったのだろう。
 
だが例え2軍だろうとプロはプロだ。
こういう舞台で実力を発揮しなければ1軍では通用しない。
 
せっかくの優勝の瞬間を見れなかったのは残念だが、2軍選手はこの敗戦を糧にウエスタンでの優勝、1軍昇格を目指して欲しい。
(特に高山と江越!)
 
 
f:id:mdrcch:20180922092822j:image
↑試合後、マウンド上に整列する阪神ナインと矢野二軍監督。
本来ならここで胴上げだったはず・・(泣) 
 
 
 
ちなみに甲子園の収容人数が数千人と書いてあるのは、2軍戦の場合は甲子園の全ての席ではなく内野席の1部のみ開放されるから。
 
昨日はバックネット裏のTOSHIBAシートとグリーンシートという年間チケットを持っている人しか入れない場所のみの開放でした。
 
これは値段的には年間でン十万もするらしく、それを1000円で座れるのが2軍戦の醍醐味ですね。
 
僕はバックネット裏の上段部に陣取っていたのですが、客入りはおそらく3000〜5000人くらいかな・・という感じ。
 
平日12:30からこれだけ集まるのもさすが阪神ですね。
 
 
 
あともう一つ。
2軍戦を現地観戦するのはこれで2回目。
前回は掛布2軍監督の引退試合
 
つまりちょうど1年前。
時間が過ぎるのは早い・・(汗)