無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

【甲子園観戦記】甲子園での阪神戦はレフトスタンド一択を確信した

スポンサーリンク

いつ雨が降ってもおかしくない曇り空の中、9月12日(水)の阪神タイガースVS中日ドラゴンズの試合を甲子園で観戦してきました。
 
 

 
前回は1塁内野席で暑さと熱心な阪神ファンについて行けず5回で帰宅しましたが、昨日はレフトスタンドで最初から最後まで楽しく観戦できました。

 
いや〜甲子園観戦はレフトスタンドに限ります。
チケットの値段も1900円とお買い得ですしね。(内野席は4500円)
 
 
昨日は平日で雨の可能性もあり観戦している人は比較的少なかったです。
なので狭い椅子の外野席でしたがゆったり観戦できました。
 
 
またヤジなのか叱責なのかわからない応援をする熱心なファンも周りにいなくて穏やかにかつスリリングに試合を楽しめました。
 
 
 

試合は8−5で阪神の勝ち

 

 

初回に先発・岩貞が2点取られるもその裏の攻撃で糸井の2ランホームランで同点。

 

 
その後も大山が2試合のホームランを打ち、大量得点で中日を突き放す。
 

 

 
9回にリリーフの岡本が3失点して一瞬ヒヤリとしたが、最後は藤川球児が締めて8−5で阪神の勝利。

 

 
格別の甲子園観戦でした。
阪神ナイン、最高の勝利をありがとう。
 
 

何度も言うが甲子園はレフトスタンド観戦一択

 
f:id:mdrcch:20180913093454j:image
 
可愛い売り子さんがいたので調子乗ってビール4杯も買ってしまった
(1杯700円✕4=2800円。高い・・)
 
 
レフトスタンドはビジターの応援団も陣取るスペースなので阪神ファンと昨日は中日ファンが入り混じっていました。
(熱心に応援する人は1塁側、ライトスタンドにいます)
 
 
両チームのファンがいるせいか、過激な応援をする人はいませんでした。
 
 
阪神ファンは中日のファンはこんな感じで応援するのか〜と興味津々に見てました。
 
 
なのでめちゃくちゃ阪神を応援しながら観戦したい人は1塁側、ライトスタンドに。
じっくり観たい人は3塁側、レフトスタンドがいいかも知れません。
 
 
 
 
 

2試合連続でホームランを放った大山悠輔の覚醒

 
阪神ファンからすると、去年ルーキーながら4番を打ち、そして今年の開幕に巨人・菅野からホームランを放ち若虎の希望となるはずだった大山。
 
開幕戦以降、打率1割台に落ち込み、2年目のジンクスに悩んだ。
 
原因として1番言われているのが、片岡打撃コーチの右打ち指導だ。
去年引っ張る打球が多く進塁打や広角に打てるようにシーズンオフから片岡打撃コーチの指導の元、右打ち狙いのバッティングを仕込まれた。
 
その結果、本来のバッティングを崩してしまった。
 
 
ファンの希望も打ち砕くことになった右打ち指導を受けた大山だが、昨日の試合で2試合連続のホームラン。
また昨日に関しては1試合で2本のホームランを放っている。
 
復調のきっかけとなったのは、あの元・近鉄中村紀洋YouTubeの動画らしい。
エヌズメソッド(N’s method)と呼ばれる中村ノリの打撃指導の動画をみて本来の引っ張るバッティングを取り戻した大山。
 
サンキュー中村ノリ
ありがとうエヌズメソッド。
 
 
 
 

まとめ

素晴らしい1日だった。
大勝の勢いとビールの酔いで帰宅後即阪神戦のチケットを追加購入しました。
 
夏も終わりスポーツ観戦しやすい時期になったので、またビール片手に甲子園で阪神を応援したいと思います。