無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

【甲子園観戦記】阪神vsDeNA 島田海プロ初打点がサヨナラタイムリーで久々の勝利!

スポンサーリンク

 
f:id:mdrcch:20181007084255j:image
 
台風が心配だった天気だが無事快晴。
しかもそんな野球日和に相応しいサヨナラ勝ちの土曜日。
 
 
 
阪神先発は藤浪。
序盤からランナーを出しながらも要所々々でナイスピッチングを魅せた。
 
打線もここ最近の貧打がどこに行ったのか、陽川の先制タイムリーでDeNAを突き放す。
 
 
試合が大きく動いたのは7回表。
3−0でリードする阪神がこのままラッキーセブンまであとアウト1つというところで、藤浪がDeNAソトにバックスクリーンに同点3ランホームランを放たれる。
 
 
そのまま試合は動かず延長戦へ。
 
阪神は代打に原口、鳥谷、中谷と続々戦力を投入するが、得点には繋がらない。
 
しかし最後は思わぬ伏兵によって試合は決着した。
 
 
なんとこの日2番センターで起用された島田海吏がサヨナラタイムリーを放って甲子園に久々の勝利を呼び込む。
 
島田海吏(かいり)、大卒1年目22歳のルーキー、ドラフト4巡目。
背番号はV戦士赤星がつけていた53番。
つまり俊足が売りの選手だ。
 
 
そんな選手が打撃で結果を残した。
プロ初打点がサヨナラヒットで島田海にとっては記念すべき1日になったであろう。
 
 

 

 
 
 
いや〜、クソ暑い日に甲子園に行って、あまりにも日差しも強くて途中で帰ろうかなと思っていましたが、最後まで残って良かったです。
 
CSがなくなって消化試合だったけど、やっぱり試合に勝つと嬉しい。
良かった。
 
 
 
f:id:mdrcch:20181007084304j:image
試合後に初めてのヒーローインタビューを受ける島田海選手。
 
熊本出身で馬刺しをアピールしていました(笑)
 
f:id:mdrcch:20181007084311j:image
インタビュー後に場内一周する島田海選手
 
 
 
 
 
ちなみに同日に宮崎ではファーム日本一を決める試合があった。
巨人との試合を制し、見事矢野二軍監督率いる2軍阪神が日本一にもなった。
 
というわけで阪神ファンにとっては最高の1日になった。
 
 
甲子園での試合は残り2つ。
どっちも参戦する予定。
巨人とDeNAを倒して勝ってくれ!