無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

阪神が最下位になってしまったが来年以降も金本監督に続投して欲しい

スポンサーリンク

 
 
 
阪神タイガースが最下位になってしまった。
 
というわけで阪神ファンのみなさん、こんにちは。
 
 
 
 
 
 

f:id:mdrcch:20180802161805j:plain

 
 
 
ついに阪神が最下位になってしまった。
ファンとしてとても悲しいし悔しい。
 
 
当然、結果が出ないので金本監督に対する風向きも厳しくなっている。
 
まだ後半戦始まったばかりで監督の進退に関してどうこう言うのは野暮なことだと思うが、自分の考えを書いてみたい。
 
 
ファンやメディアの間では、来年度以降
金本監督解任→矢野2軍監督を1軍監督に昇格(昇格という表現が正しいのかどうかはここでは省く)
金本監督解任→岡田彰布氏にもう一度監督をやってもらう
の2つの意見をよく目にする。
 
 
 
ただ僕個人的には
③金本監督続投
を推したい。
 
 
そうです。
来年度以降も金本監督に率いてもらいたい。
 
理由は、そんな簡単に監督をころころ変えても勝てるようにはならんやろ、と思うから。
 
 
ただし最下位という現状、そのまま続投してもなかなか厳しいと思うので条件付きで続投してもらいたい。
 
で、その条件とは
①1軍コーチ陣の入れ替え
②次期1軍監督は矢野さんに率いてもらう
 
つまり現在ウエスタン・リーグで結果を残している矢野2軍監督にベストな状態で1軍を率いてもらうためにもう少し金本監督に1軍をやってもらいたい、ということ。
 
 
 
まず阪神ファンから出る岡田彰布氏にもう一度監督をやって欲しいという意見だが、今の阪神を岡田さんが率いても結果が出るかは正直読めない。
 
 
岡田さんが1軍で残した実績といえば、05年のリーグ優勝だろう。
また04年から08年までの5年間でペナント優勝ラインの80勝を3回超えたのもある。
 
 
岡田さんが以上の結果を残せたのは
①前監督の星野氏が体調不良で退任して優勝戦力を引き継ぐことができた
②2軍監督時代の教え子が優勝戦力と上手く融合することができた
という2つの要素があったからこそ5年であれだけの成績を残せたと思う。
 
(2軍時代の教え子は藤川、関本、浜中など)
 
 
だからこそ今の阪神で1軍監督をもう一度やったとしても同じような成績を残せるかどうかはわからないので、岡田さん待望論に関してあまり同意できない。
 
 
むしろ岡田さんに関していうと僕は1軍監督の成績よりも、指導者経歴に注目して欲しい。
 
岡田さんは阪神では2軍コーチ→2軍監督→1軍コーチ→1軍監督、という順番で指導者生活を送った。
 
 
これってめちゃくちゃ良い経歴だと思う。
2軍コーチからスタートして1軍監督で優勝。
流れとしてはほんと完璧。
 
 
だから同じように矢野さんにも2軍監督→1軍監督という流れで僕は指揮して欲しい。
仮にだが矢野1軍監督が誕生して2軍時代の教え子と共にリーグ優勝でもしてくれたらファンとしては最高の優勝になる。
 
 
で、肝心なのはその2軍→1軍に行くタイミング。
 
今シーズンで金本監督を解任して矢野1軍監督はまだ早いかな・・と。
もう1,2年間、2軍で若手を鍛えて優勝が狙えそうな戦力が整ったタイミングで1軍に行くのはどうか。
 
 
岡田さんが辿った経歴と同じように矢野さんにも2軍→1軍指揮という流れを辿って欲しいし、岡田さん、矢野さんに限らずこれからの阪神タイガースという球団でも2軍で指導者をスタートとしてそこで若手を鍛えて、その教え子と共に1軍で戦う流れを作って欲しい。
 
 
 
 
となると
次期1軍監督が矢野さんだとしてそれと金本監督の進退とどう関係してくるのか
 
これに関して言うと金本・矢野両監督の連携や矢野さんを阪神に留めるために関わってくる(と個人的に考えてる)。
 
 
金本監督の方針としては(結果は出ているとは言えないが)若手を積極的に使うというものがある。
矢野さんからすれば若手を積極的に使ってくれる金本監督が1軍にいてくれるととやりやすいのではないか。
 
若手に指導する時に
2軍で結果出せば1軍で使ってもらえるようになるぞ
と選手にハッパを掛けることができるし、熊谷くんが良い例だと思う。
 
 
 
これが1軍野村監督・2軍岡田監督の時は1軍・2軍の連携が全く取れてなかったらしい。
今岡は1軍昇格を拒否したことがあったし、2軍で活躍していた選手を1軍に昇格させることができなかった、と岡田さんは言っていた。
 
 
それに比べれば今の金本・矢野政権はかなり連携もよく取れているので、これをもうちょっと維持して欲しい。
 
 
 
 
また「矢野さんを阪神に留める」ということだが、これは仮に金本監督を解任して岡田さんにしろ別の人でも新監督が誕生した場合、矢野さんが2軍監督を続投してくれるかどうかに関わってくるはず。
 
 
ここ最近阪神で新監督が誕生した場合、最低でも3年間は1軍監督をしている。
岡田さんは5年、真弓さんは3年、和田さんは4年、金本監督は今年3年目。
 
 
この「3年」という数字が短いようで長い。
 
仮に来季岡田さんが1軍監督をやったとして、矢野さんがあと3年間も2軍監督をやってくれるのかどうか。
 
 
ちょっと長すぎるんじゃないだろうか。
 
さらに仮に岡田さんが再び監督をして、結果を出して契約延長をしようものなら、もう確実に矢野さんは阪神から出ていってしまうだろう。
 
 
現在、2軍でこれだけの成績を残している矢野さんを他の11球団が放って置くわけがない。
新監督が誕生して3年間も阪神での1軍監督が遠のくとすれば、他の球団が「ウチで監督しませんか?」とオファーを掛けてくるはず。
 
この可能性を考えると金本さんから別の人を監督にするのは少々リスクがある。
 
 
 
このまま金本監督に1,2年続投してもらえると、矢野さんからしても「今の1軍のあの選手とこの選手を主力にして、2軍の選手たちを鍛えて上手く融合させれば・・
と自分が1軍を指揮する時の将来像をイメージしやすくなるだろうし。
 
なのでやっぱり新監督に3年間任せるより、金本監督に1or2年続投してもらう方が上手く矢野さんにバトンタッチするという方向で行ってもらいたい。
 
 
また金本監督にしてもあと1,2年続投して合計で4,5年間監督をやれば、結果が出ても出なくても、この4,5年間という年数が阪神で1軍監督を続けるには体力的にも気力的にも限界なんじゃないかと思うので、引き際としてちょうど良いタイミングになる。
 
 
 
 
ここまでまとめると
①矢野さんに良いタイミングでバトンタッチするためにもあと1,2年間2軍で監督をやってもらいたい
②今季で金本監督を解任して来季が矢野さんはまだ時期尚早別の人(例えば岡田さん)を監督にして3年間やってもらうと矢野さんが阪神から出ていってしまう可能性がある
 
なので金本監督にあと1,2年続投して、その後に矢野さんとバトンタッチをしてもらいたい。
 
 
 
こうなるともう一つ問題が出てくる。
将来矢野さんに1軍監督をしてもらうために、今の1軍はこのままでいいのか
ということだ。
 
プロ野球で大事なのは1軍での成績なので最優先は1軍の立て直しをどうするか。
ただしこれに関しては最初に書いた通り「1軍コーチ陣の入れ替え」が必須だ。
 
 
まあ阪神ファンなら誰を入れ替えるべきはすでにわかると思う(笑)
 
 
現1軍ヘッド兼打撃コーチの片岡篤史氏だ。
申し訳ないが今の阪神タイガース、そして未来の阪神タイガースのためにも去ってもらうしかない。
 
 
最初は金本監督以外の1軍コーチ陣を総入れ替えと思ったのだが、まあ投手陣に関しては成績はそれほど悪くないので別に今のままでいいかなと思う。
 
今季リリーフ陣の調子が悪いけど、それは去年の使い過ぎからの疲労もあるだろうし。
(ただマテオ、ドリスに関しては他球団が慣れて攻略しつつあるのかなとも感じる)
 
その分、今年は先発陣が踏ん張っている。
メッセ、秋山、岩貞、小野の4人がローテーションを守ってくれているし、先発陣が安定している今年の間にリリーフ陣を何とか立て直せればOKだ。
 
 
 
ただし打撃に関してはかなりキツイ。
若手選手の伸び悩みや右打者の打撃不振。
 
打撃コーチに関しては現在、片岡コーチと平野コーチの二人がいるが二人とも現役時代左打ちだった。
2人配置するのであれば現役時代右打ちと左打ちの打撃コーチを配置するのがベストだろう。
 
 
また金本監督になってよく言われる問題点として、若手が萎縮してプレイしてる、というのがある。 
 
これに関しては金本監督の厳しさを上手く緩和してくれて、若手選手の相談役になれそうな人物をコーチとして配置できれば、解決の一歩にはなるかなと個人的には思う。
 
 
バッティングの伸び悩みと萎縮を解決できるコーチなんてそう簡単に見つかるかはわからないけど、それでも1軍コーチの入れ替えができれば少なくとも現状よりかは上手く行きそうなのでなんとか阪神フロントには適任者を探してもらいたい。
 
 
 
その上で金本監督にはあと1,2年続投してAクラス入りと優勝を目指してもらって、その後に矢野2軍監督にバトンタッチをして欲しい。