無職からの脱出日記 by 瀬戸

アラサー無職の日々

学園祭感想〜大学生はバイト代、新卒社会人は初任給・ボーナスでヒゲ脱毛をしよう〜

スポンサーリンク

f:id:p-rio01:20181104164855p:plain

僕は1年半くらい前からヒゲ脱毛をしている。

ひげが似合わない顔だし、毎朝シェーバーで髭剃りをするのも面倒くさいからだ。

 

元々ひげが薄いのもあったが、1年半で計9回程レーザー照射をしたのでもうツルッツルである。

剃刀負けでお肌を痛めることもなくなったし、毎朝の髭剃りの時間もなくなり本当にやってよかった。

 

 

 

またつい先日、学園祭シーズンというのこともあって母校の大学の学園祭に行ってみた。

 

学生時代は学祭とは無縁の生活を送っていて、模擬店を出して楽しんでいる学生を見ると

「自分もこういう学生生活を送りたかったなあ」

と羨ましい気持ちで学生たちを見ていた。

 

 

 

ここで、これは脱毛経験者あるあるだと思うが、他人の毛量具合が気になってしまうのである。

 

僕はヒゲ脱毛をしているので、初対面の男性のヒゲ具合をどうしても見てしまう。

 

「この人は髭が濃いなあ・・」

「あぁ・・剃刀負けしてる」

「剃り跡が見えないけど、元々薄いのか、もしかしたら僕と同じで脱毛してるのかな」

 

などなど、他人のヒゲ事情を盗み見してしまう。

 

 

 


で、大学の学園祭に話は戻る。

 

男子大学生の顔を見ると髭が濃いヤツは濃い。

年齢で言えばハタチ前後。

若ければ18歳、上でも22,23歳くらいまでの男の達だ。

 


それでも、というか年齢的には当たり前だが、みんな髭はしっかり生えている。

大学生なら髭を生やす人は少なく、みんな剃っているはずだ。


当然、剃り跡が残る。

男子大学生、全員が全員というわけではないが、髭が濃い・生えている面積が広くどうしても剃り跡が目立つ人がいる。

 

 

男性の髭というのは人によって生える面積や濃さは異なる。


少ない・薄い人だと口と鼻の間、口したから顎のあたりまで生える。

反対に広い・濃い人だと口上・口下はもちろんサイドからもみあげのあたりまでびっしり生えている男性もいる。

 

 

脱毛したらいいのになあ・・と経験者は思う。

 


大学生がお金を使うものといえば、まずは服である。

高校生の時は制服だったので服を買わずに済んだが、大学は私服で何かとお金が掛かる。

 


ただせっかくオシャレをしても、髭の剃り跡が目立ち、台無しとまではいかないまでも、勿体無い気がする。

 


確かにヒゲ脱毛はお金が掛かる。

6万から7万は大学生からすればかなり高額かもしれない。

しかしだからこそというか、若い内は見た目に気を使えば充分モテる。

 


社会人になると経済力や社会的地位が求められる。

純粋に見た目だけでモテるのは大学生、もしくは社会人数年目の20代半ばまでだろう。


なのでファッションや髪型を気にするなら、髭も気にしよう。

脱毛してツルッツルになれば、女子が求める清潔感も身につけられるからだ。

 

 

 

もう一つ、平日に時間が取れる大学生とヒゲ脱毛は相性が良い。

社会人になると時間があるのは夜か土日だ。

 


今は社会人の20代から4,50代の男性までヒゲ脱毛をしている時代だ。

 

脱毛サロンやクリニックでは予約が殺到していて、脱毛したいからといってすぐにできるわけではない。

 

しかし平日に動けるとなると話は別だ。

予約がけっこう取りやすい。

 

 

 

6,7万は高額だが数ヶ月アルバイトをすれば何とかなる金額だ。

社会人の初任給、もしくはボーナスをぶっ込んでもいい。

 

一度やってしまえば、一生モノ。

僕はもっと早くからやっておけばと思っている。

タイムマシーンがあるなら大学の入学式の帰りに脱毛クリニックに行って申し込んでもいいくらいに。

 

 

と、まあそんな感じで学園祭に行ったにも関わらず、こんなことを考えていたので楽しくはなかった笑

 

 


ちなみに脱毛クリニック・サロン、たくさんあるがオススメは医師や看護師がいるクリニックだ。

 

そっちの方がレーザーの威力が高くしっかり脱毛できる。

また値段も6万、7万で4年間回数無制限のコースがあるクリニックのところに行こう。

 


人によってツルッツルになるまでの回数が異なる。

薄い人でも半年で4,5回の通わなければならない。

濃い人だと1年以上で9,10回程通ってツルッツルになるかどうか。

 


そう、1回やっただけでは決して効果はない。

脱毛は半年や年単位でやっていくものだ。

 

だから始めるなら早く始めるべき。