瀬戸さんの日記

非モテ→モテ、貧乏→金持ちへ/副業と恋愛を綴るブログ

ウォーキング・デッド【シーズン7】〜感想〜

スポンサーリンク

f:id:p-rio01:20171214121744j:plain

 

ウォーキング・デッドのシーズン7見終わったので感想です。

前回記事
www.pi-seto.com

 

目次!

 

おさらい

・エイブラハムとグレンがニーガンの餌食に

・ロジータ、ニーガンを仕留めるチャンスも痛恨のミス

・元動物園飼育員のエゼキエル王の登場

・ユージーン囚われるもリック達を寝返りニーガンの一員に

・囚われていたダリルは何とか脱出

・ウォーキング・デッドにハンターハンターの流星街がまさかの登場

・精神的に限界がきていたキャロルが復活

・サシャが自らウォーカーに転化

・アレクサンドリアでニーガン達と戦いエゼキエル王とジーザスの助太刀により返り討ちに成功!

 

シーズン7fin...

 

 

感想

シーズン7はニーガンに負けっぱなしの話。

1話からグレンとエイブラハムがやられてる所からスタートして、その後もニーガンに屈辱・凌壽の限りを尽かされ・・

さらに数が少なくなってきた仲間も死んでいったりと、とにかく心臓に悪い回ばかりだった。 

 

特にグレン・・

シーズン1からの功労者でシリーズの中で童貞を卒業から父親に、と1番成長したメンバーだったのに、これで出番終了とはほんとに悲しい。

ほかにも途中加入したエイブラハムもサシャも良い味だしていただけに残念

グレン、エイブラハム、サシャR.I.P.

 

 

ニーガンに関して。

超大型コミュニティを築き上げたカリスマ的存在でリックサイドからすればクソ野郎だが、ニーガンの部下からすれば頼もしい存在。

ただしルールに従わない部下には容赦ない一面も。

 

基本的には恐怖で組織を支配しているが、ニーガンに貢献した人を幹部や参謀に出世させるなど、ムチだけでなくアメも与えている。

 

また江戸時代の士農工商、インドのカースト制のようにニーガン達とそれ以外(リックやジーザス、エゼキエル王など)で階級制度を作ることで、部下に「ニーガンは怖いけど、ここにいれば安心。外の人間に比べれば100倍マシ。マシどころかかなり美味しい想いができる!」と思わせて忠誠心も誓わせる。

 

だからリーダーとしてはめちゃくちゃ有能。

ボスとはこうあるべき!というの圧倒的に見せつけられる。

 

 

ただクソ野郎に変わりはないから、シーズン8以降リック頑張れ!!

 

 

 

Twitterで呟いた感想

しばらくグレンロスから立ち直れなかった・・ 

動物園の職員から王様に転職したエゼキエルさん()

 

 

バスに忍び込んで敵アジトに殴り込みに行くカミカゼアタック!

 

 

 

 

 

死後強まる念でニーガンを倒そうとするサシャさん(泣)

ここから反撃や!

 

前回記事

www.pi-seto.com

 

流星街(笑)

f:id:p-rio01:20171215231125p:plain