瀬戸さんの日記

ブログなんてただの箱や!好き勝手書いたらええんや!

ウォーキング・デッド【シーズン5】〜感想〜

スポンサーリンク

f:id:p-rio01:20171204183700j:plain

ウォーキング・デッドのシーズン5の感想です。

4の感想はこちら!

www.pi-seto.com

 

 

目次!

 

おさらい

・終着駅に到着するも罠だった

・人肉食いのギャレスに囚われるも、キャロルが暗躍して終着駅を脱出

・リックとカールが無事ジュディスと再会

・天使ベスR.I.P

・包容力のタイリースR.I.P

・新たな拠点アレクサンドリアにたどり着く 

 

シーズン5fin..

 

 

感想

終着駅で落ち着いてコミュニティを築いていくと思っていたら、すぐに次の展開に進んだ。

聖地というのは罠でそこに辿り着いた人を食肉としてるキ◯ガイ集団の集まりだった。

 

しかし彼らも最初は終着駅を聖地にしようとしていたが、邪(よこしま)な考えを持つ侵入者によって全てを奪われてしまった過去を持つ。

そして奪われる側から奪う側に・・・

 

 

終着駅のリーダーのギャレスは人間を食料にすることを「この世界で生き残るために僕たちは進化した」と言っていた。

あらゆる動物の中で人間が食物連鎖の頂点に立てたのは環境に適応化することができたからで、ギャレス達も生き残るために慈愛に満ちた世界から外れ畜生の道を進むしか選択肢はなかったのだろう。

 

なんという非常な世界だ・・・

 

 

ただ畜生の道を進んでいるのはリック達も同じで一度は囚われはしたものの、キャロルの暗躍により無事脱出。

 

終着駅を破壊されるも何とか生き残れたギャレス達はリック達に復讐しようと夜間襲撃するも、やはりリック達は彼らとはくぐってきた修羅場の数が違う。

ギャレス達を罠にはめ格の違いを見せつけギャレス達は終チョンパ。

 

 

また離れ離れになっていたジュディスとリックとカールが再会できた。

このシーンはマジで泣けた。

 

あと連れ去られていたベスも無事で一安心。

病衣を着ているベスもただの天使だった。

 

f:id:p-rio01:20171205090959j:plain

可愛い・・左頬の傷が早く治りますように(>人<) 

 

 

と、思ったのも束の間。

人質交換の際に発砲され天に召されることに・・・

ツラい・・

あとついでにタイリースも出番終了。 

 

 

 

タイムライン貼り付け

 

これこれ!

懐かしのアークザラッド2とFF6を思い起こさせる展開! 

 

 

総督の次の敵としてリック達と戦うと思ってたのにギャレスあっさり散っていたな。

 

 

 

 

あぁ・・ベス・・

 

 

 

アレクサンドリアという次なる舞台に到着。 

 

今まで地獄を見てきたんだからここからはほのぼの家族ドラマでリック達も平和に暮らしてほしかったな・・

 

 

 

 

天使ベスと父親のハーシェル 

www.instagram.com

 

前回記事

www.pi-seto.com