チラ裏に書き留めておくもの

ライフハック系を中心に更新します

武蔵小杉といえば、ムサコマダムでもなく完全に井手らっきょ

スポンサーリンク

「半沢直樹」きっかけで池井戸潤のことを知ってそこからちらほら池井戸潤の本を読んでるのですが、今読んでいるのが2006年に出版された「仇敵」という本

 

f:id:p-rio01:20170613154313j:plain


内容はエリート銀行員が不祥事によって退職後、別の銀行の庶務行員となって余生を過ごしている時にある事件に巻き込まれてうんたらかんたら・・という内容

 

庶務行員というのは銀行業務の雑務をこなす人で、総合職でも一般職でもない仕事でエリートとは程遠く出世もほぼない職種だそうです

 


エリート街道で出世のためにシノギを削っていた頃とは違い、庶務行員となって雑務をこなしながらも人間らしい生活を送れている今の方が気楽で良いという描写があるが印象的

 


エリート→庶務行員という組織での争いに負けた人間の行く末を表すように

東京のど真ん中で出世争いをしていた人間が東京から少し離れた武蔵小杉で細々暮らすというのは

武蔵小杉が仕事に打ち込む独身向けじゃなくて

守るものができて地に足をつけたファミリー向けの街だから池井戸潤がこの本の舞台に選んだのかは定かではない

 


と、まあ本の話はこのくらいにして

以前に仕事の関係で武蔵小杉に1ヶ月ほど滞在したことがある。

 


武蔵小杉といえば関東の住みたい街ランキングの上位にランクインするほど現在アツイ街みたいです


武蔵小杉の特徴として東急東横線と南武線が停まる駅で

東急東横線を使えば渋谷、新宿、池袋、横浜まで一本で行けて

南武線を使えば川崎まで一本で行けるので、交通に便利というのがあります

 

 

実際に住んでみた感想はというと、「独身男性にはつまんねぇ街だな・・」というもの

完全にファミリー向けの街です


カフェが一軒もなく、女性関係のお店もほぼないです

 

出張で来てるから仕方なく滞在してるけど、住みたくはなくなと武蔵小杉に来た初日に思いました

 


辛うじてスポーツジムがあるのは助かった

24時間営業の東急オアシスに入会して仕事終わりの気分転換に毎日通ってましたね

 

でも独身男性の楽しみで使えるのはスポーツジムくらいで、遊ぶなら川崎まで行かないと・・という感じでした

 

とはいえ結婚したら住むのはめちゃくちゃ有り

街が綺麗、買い物にも困らない、治安も良いのでファミリーにはうってつけの場所です

 

 

あとどうでもいいけど、武蔵小杉駅から北の方角に歩いて行ける距離に新丸子駅があって、駅から徒歩1分の場所にたけし軍団の井手らっきょが経営するダーツバーがあります

 

一度だけ行って写真を撮ってもらったのが武蔵小杉に滞在した時に唯一の思い出だ

 


ムサコマダムというワードがメディアでは取り上げられたりするが、僕の中では武蔵小杉=井手らっきょだ

 

参考までに井手らっきょのダーツバーのURLを貼っておく

search.dartslive.jp

 

もし行く際はそのダーツバーのすぐ近くに家系ラーメン(まくり家)があるのでそこも訪れてみてはどうだろうか

ramendb.supleks.jp

 

仇敵 (講談社文庫)

仇敵 (講談社文庫)