ぴーせとさんの日記

なんてことない日常

「地獄の教頭」という漫画について語りたい

スポンサーリンク

こんにちは。

最近読んでハマってしまった漫画について語りたい。

地獄の教頭」という漫画だ。

 

タイトルからわかる通り学園モノの作品。

地獄とは・・?

教頭先生が地獄なのだろうか。

それとも教頭先生という仕事が地獄なのだろうか。

 

答えは両方である。

地獄のような教頭先生が、地獄のような教頭先生という仕事に奮起する様子が描かれている。

 

 

目次!

 

地獄の教頭 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

地獄の教頭 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

 

 

 

 

 

あらすじ

ごく普通の平和な学校に見える県立朱地高等学校だが…内情は不良教師、イジメ問題、モンスターペアレントなど放っておけば重大事件になりかねない問題が山積みであった。そんな学校に新たに教頭として赴任した近衛修文(このえ おさふみ)52歳。この物語は、近衛教頭が時に狂気的とも思える覚悟を胸に、様々な問題に立ち向かう生き様を鮮烈に描いたハードボイルド学園ドラマである。


52歳の近衛(このえ)というおじさんが主役の漫画である。

かつておじさんを主役にした学園モノのドラマがあったであろうか?

 

今流行りの学園モノといえば「監獄学園(プリズンスクール)」・「GTO パラダイスロスト」といった生徒が主役or生徒に近い若手先生が主役がほとんどだ。


しかし地獄の教頭は52歳のおじさん。

この辺りにそそられる。

おじさん目線の学園ドラマが展開されるのだろう。

 

 一見優しそうな教頭

 

 

教頭先生の仕事量にびっくりする

教師の仕事はクラスで生徒を受け持つことがだが、教頭先生の仕事は職員室で先生を受け持つことである。

 

教師が生徒を見るのに対して、教頭は教師を見る。

職員室が教頭先生に取っての教室である。

 

だから仕事で悩んでいる教師がいれば大丈夫か声をかけて、適切なアドバイスをする。
ザ・管理職である。

生徒の面倒を見るのに疲れている教師たちの面倒を見る。

 

そして校長先生からは学校の状況を聞かれ、生徒の出席率から進学率、教師の勤怠までの責任を一挙に負わされる。

ザ・中間管理職である。

 

かなりストレスがある仕事だと思う。

人を管理するのって大変で管理職になれば、休みという休みがなくなるようなものだ。

問題が起こるのは業務外の時間で、問題が起きれば休みであろうが寝ていようがすぐに駆けつけなければならない。

 

 そんなストレスある仕事も余裕な表情でこなす教頭

 

 

問題解決のために法すら破る教頭

ストーリーは学校で起きる問題を教頭が解決していくというもの。

第1話では新任教師(♂)が赴任してくるのだが、こいつが問題教師で同僚の女性教師を襲おうとする。

 

そしてその危険を察知した教頭先生が女性教師が襲われる前に対処するのだが、その対処の仕方というのが

話し合おう・話せばわかる!といったほのぼの解決法ではなく、

こんな感じで解決する。

f:id:p-rio01:20170509112750j:plain

「地獄の教頭」第1巻より引用

 


そう、体罰禁止のこの時勢に問題があって解決に暴力が必要であれば容赦なく暴力で解決しようとするのだ。


いくら学校は治外法権でなんでもありといっても、とんでもないくらい無茶苦茶な方法で解決する。

もちろん手を出すにしろ、ちゃんと理由を説明してから手を出すのである。

 

 

読んでいてスカッとする

「人の痛みというのは自分がその痛みを経験しないと他人の痛みというのは理解できない。だからあなたも味わいなさい。」

というノリで教頭先生は問題を解決するのだが、その理念に共感できるから読んでいてスカッとするのではない。

学校にはびこるクズ・悪党・鬼畜どもを一網打尽にしていく様子にスカッとするのだ。


悪いことをしても話し合えば分かる、というそんな甘いことは一切言わない。

時に暴力でしか解決できないのであれば、暴力を使ってでも解決する。

 

 

 

問題解決のためにどこまで徹底的にやれるか


ここまで読むと「なんだ・・ただの殴り合いの喧嘩漫画か」と思うかもしれないが決してそうではない。

これは問題解決のためにどこまで非情に、現実的に、徹底的にやれるか、そういったことが描かれている漫画だ。


PTAの問題を取り扱った回で、会費を私的に使っている会長(♀)がいて、それを解決するために会長をご飯に誘い、お酒を飲ませて、ホテルに誘う。

そしてホテルに連れ込む場面を他の人に写真に撮らせる。

ただし、教頭先生の顔は映らないように撮っていた。


後日その写真を会長に見せて、弱みを握りPTAを私物化する会長を辞めさせる、という話だ。

PTAの問題を解決するために会長を寝取ったのだ。

ここまで普通やるかということを、この地獄の教頭はやってのけるのである。

 

問題が起きてそれを解決する際に常識や法律なんてものは無視する。

必要と思うことをする。


教育者として間違ったことをしている人がいれば全力で正す。

真の教育とは一体・・

そしてどうしようもない悪い奴を倒していく教頭とは一体・・

と、思わせる漫画だ。


久しぶりに読んでいてスカッとする漫画だった。

 

 

地獄の教頭 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

地獄の教頭 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)