チラ裏に書き留めておくもの

ライフハック系を中心に更新します

無駄にキングダムの今後を予想してみる(王翦VS李牧)*ネタバレ注意

スポンサーリンク

キングダム520話(2017/615)の感想です。

*キングダムはヤンジャン勢なので単行本派の人はネタバレになってしまいますので注意してください。

 

 

あらすじ

現在ヤングジャンプで連載中のキングダムでは秦が打倒趙に向けて、王都市である邯鄲(かんたん)の南にある鄴(ぎょう)を攻略している最中である。

 

鄴を城攻めで落とすのは難しいので、鄴近くの小都市をまず落とし、そこに居住する民を鄴に追いやり鄴を兵糧攻めにすることを秦軍の総大将・王翦は考えた。


しかしながら趙は秦の兵糧攻めに対抗すべく、解放軍を送り込む。

ここからいよいよ本格的な戦闘が始まろうとする。

 

楊端和軍 VS 舜水樹・公孫竜軍

王翦軍 VS 李牧軍

(桓騎軍は兵糧攻めのために鄴城の周りで待機)

 

王翦軍には

信が率いる飛信隊

蒙恬が率いる楽華隊

王賁が率いる玉鳳隊

の秦国若手の3隊も参戦している

 

 

そして520話では王翦軍 VS 李牧軍の戦いが開戦した。

両軍共、中央軍・右翼・左翼と3つに軍を展開する。

秦軍左翼には楽華隊(5千人)

中央軍には王翦軍本隊・飛信隊(5万8千)

右翼には亜光軍・玉鳳隊(2万5千)が陣取る。

 

 

f:id:p-rio01:20170616182602j:plain

 


左翼の楽華隊だけ兵5千人と極端に少ないのは、秦軍全体の兵が8万8千に対して、趙軍は全体が12万という全体の兵の数がそもそもとして差があるからだと思われる。

 

秦軍が左から5000、58000、25000と配置しているのに対して

趙軍は左から30000、60000、30000とバランス良く配置されている。


秦軍も趙軍同様バランス良く、22000、44000、22000と配置すれば3軍とも兵数差で戦力的に不利になる。

 

そこで1軍(楽華隊)だけ兵数を極端にすることによって、残りの2軍の兵数差を埋めようというわけだ。

(と言っても、中央は2千、右翼は5千の差があるわけだけれども・・)

 


楽華隊(5千) VS 紀彗軍(3万)の戦いどうなる?

5千人対3万人の対戦・・

蒙恬からしたら絶望的な状況。

2万5千の差があるし、相手は先の黒羊線でも秦軍を苦しめた大将軍クラスの紀彗。

 


当然ながら李牧も明らかに戦力として穴になる楽華隊の所から攻め始める。

ただ蒙恬も闇雲に5千 VS 3万で勝負するわけはなく、紀彗軍が前進し始めると同時に兵を半分に分けて、紀彗が半分まで進軍したところで、横から騎馬隊で攻撃開始した。


そして紀彗軍が横からの攻撃に対応しようとしたら、攻撃をやめて一時退散・・からの残りの楽華隊が紀彗軍を攻撃。

完璧に奇襲が決まり「ようこそ狩り場に」と蒙恬が言ったところで今週は終わり。

 

 

兵数差を埋めるために明らかに囮要員にされた蒙恬だけど、囮として終わらないように見事奇襲を成功させたのはさすが!

 

ただ紀彗は強敵だし、3万相手だから初手はうまくいっても長期戦になるとこの兵数差では敵わないのは目に見えているし今後どうなることやら・・・

 

 

個人的予想

秦軍の配置で気になる場所といえば飛信隊が後方に配置されていること。

これは戦局によって左翼・中央・右翼の戦いに加担せよ、という王翦の考えだからか・・


だとしたらまずは左翼の楽華隊に助太刀するのではないか?


楽華隊と飛信隊が一緒に戦うというのはキングダムファンからすれば楽しみであるけど、それでも飛信隊8千を足して1万3千。

まだまだ紀彗軍と戦うには苦労しそう。


もしくは飛信隊の8千というのは5千将の信と3千将の羌瘣の2軍からできていて、信は左翼の戦いに参戦して、羌瘣が右翼の戦いに参戦する可能性もある。

 

 

これまで王翦将軍と飛信隊の絡みというのが全くなく、王翦将軍が飛信隊の強さをどの程度と計算しているのかは全くわからないけど、後方に配置しているのは、戦局に応じて使い方を考えるものだと思われる。

 

もしかしたら・・・王翦将軍の中で信用度が低く、計算できないから、目の届かない左翼・右翼ではなく、目の届く中央後方に配置したのかも・・?

(まあそれはないですよね・・?笑)


そのまま中央の戦いに参加するのか、左翼の蒙恬を助けに行くのか、飛信隊全員が右翼に行くことはないだろうけど、信と羌瘣の兵を分断して左右の戦いに参戦する可能性は無きにしも非ず。


今後の展開に目を離せませんな!

来週の木曜日が待ち遠しいです。 

 

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)