瀬戸さんの日記

非モテ→モテ、貧乏→金持ちへ/副業と恋愛を綴るブログ

アラサーから始める美容・健康対策グッズ紹介(全部Amazonかコンビニで買えるもの)

スポンサーリンク

f:id:p-rio01:20171209090637j:image 

アラサーという年代になると若いっちゃあ若いけど、若くないといえば若くない年代だと思います。

そこでいつまでも若さを保てるように、またできるだけ若くいれるように美容・健康グッズを紹介します。

 

*この記事は今まで美容や健康など気にしたことのない人向けです。

なのでコンビニやAmazonで簡単に買える物だけに限定して紹介してます。

 

目次!

 

 

納豆

マジでザ・健康食品第1位なのは納豆です。

もう納豆だけ食べておけばとりあえずの健康はなんとなかります。

朝でも夜でもどちらでもいいので1パック食べるべき。

 

コンビニで100円3パック入りでも良いし、やよい軒の納豆朝食(370円)でも良いし、お昼ごはんの牛丼屋さんで納豆のサイドメニューを追加するのも良し。

とにかく1日1パック食べるべき。

 

 

亜鉛サプリ

今となっては1番簡単にできるハゲ対策で飲んでいる男性は多いはず。

髪の毛があるかないかで人間の第一印象は変わってくるし、とりあえず定番のサプリ。

精力にも良いしね。

 

DHC 亜鉛 60日分 60粒

DHC 亜鉛 60日分 60粒

 

 

 

ブルーベリーのサプリ

デスクワークの仕事をしていて朝から夜までパソコンとにらめっこなので眼も大事にしたい。

眼精疲労といえばブルーベリー。

視力が良くなると勘違いしている人もたまにいますね。

目の疲れが取れるだけで視力は上がりませんが、それでも眼を大事にしたい人は飲んでおくべき。

 

DHC ブルーベリーエキス (60日分) 120粒

DHC ブルーベリーエキス (60日分) 120粒

 

 

 

パントテン酸のサプリ

脂性肌でテカりやすい人はテカリを抑えてくれるパントテン酸はオススメ。

僕は暖房が掛かっている部屋で仕事をしていたら肌がとんでもないくらいテカテカになって、ティッシュで逐一拭き取らないとダメなのですがパントテン酸を飲むと多少はマシになりますね。

 

NOW Foods - パントテン酸 500 mg。250カプセル

NOW Foods - パントテン酸 500 mg。250カプセル

 

 

 

トニックスプレー

風呂上がりに乾燥するのは顔だけじゃなくて頭皮も同じです。

なのでドライヤーで乾かす前にさっと頭皮にトニックのスプレーをして、頭皮マッサージしてます。

効果あるのかどうかは正直微妙だけど、まあやらないよりかはマシかな・・程度でやってます。

容量も多くて半年近く持ってます。

 

インセント 薬用育毛トニック無香料 250g 特大 (医薬部外品)

インセント 薬用育毛トニック無香料 250g 特大 (医薬部外品)

 

 

*ドライヤーで髪を乾かす時は冷風も使いましょう

お風呂上がりの髪の毛というのはキューティクルが開いている状態だそうです。

なのでドライヤーの熱風で髪を乾かした後は、最後の仕上げとして冷風も髪全体に当てて上げましょう。

キューティクルが閉じて髪の毛がサラサラになりますので。

 

これ意外と女の人でも知らない人多いんですが、冷風1分当てるだけでも効果が違ってきます。

 

 

冷え性対策「ピンピン」

冷え性で手がかじかんでパソコンのキーボードが打てない、ペンが持てないという人はピンピンという冷え性対策グッズがオススメ。

裸足でも靴下を履いたままでも土踏まずのところにバンドを付けるだけなのでめちゃ楽です。

 

暖かくなるわけではないですが、手が氷のように冷たくなるというのは防げる。

 

磁気健康足心サポーター ピンピン

磁気健康足心サポーター ピンピン

 

 

頭皮用ムヒ(痒み、湿疹対策)

乾燥しやすい季節になってきて頭皮に痒みや湿疹ができたりするのですが、その時はこの頭皮用ムヒをちょんちょんと塗ってます。

これ塗るとかなりマシになりますし、次の日には治ってます。

 

【指定第2類医薬品】ムヒHD 30mL ※セルフメディケーション税制対象商品

【指定第2類医薬品】ムヒHD 30mL ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

 

*化粧水や乳液は無印の商品をバシャバシャ使うスタイルです。

あとお湯だけで洗う湯シャンに挑戦してみようと思ってるのでシャンプーやリンスは載せてません。

 

 

以上、いつまでも若く健康にいるためには多少の自己投資は必須ですね。

ただ美容・健康の投資はお金を掛けようと思えばいくらでも掛けられて終わりはありません。

しかし普通の会社員なんかは財布に限界がありますので、最低限コンビニやAmazonで買えるものから初めて若く健康になって人生のQOLを上げていきましょう!