チラ裏に書き留めておくもの

ライフハック系を中心に更新します

これからの読書は電子書籍と紙媒体の本を組み合わせるべき

スポンサーリンク

電子書籍というのが発売して数年経地、僕の周りでもアマゾンのKindleや楽天のkoboで本を読んでいる人をちらほら見るようになった。

 

もちろん僕もKindleで読書しています。

 

Kindleを買って数年経つのですがこれがめちゃくちゃ便利でこれなしでは本は読めないというくらい愛着が湧いてます。

 

 


ただKindleを始めとした電子書籍は万能なのか?

というと決してそうではなくて、本の種類によっては紙媒体の本の方が読みやすかったりします。

 

 

いつも本を買う時に

「今回は電子書籍にしようか、紙媒体の本にしようか」

と悩んだりするのですが、僕個人の買い方を電子書籍のメリット・デメリットを踏まえた上でまとめてみたいと思います。


ということでまずは電子書籍の

メリット・デメリットです!

 

 

電子書籍のメリット

軽い、持ち運びに便利

これは言わずもがなだ。

電子書籍のデバイス1つだけあればOKでそのデバイス自体だいたい文庫本1冊分の重さなので持ち運びは便利。

 

それなのに容量はめちゃくちゃあるので何十冊分の本を入れることが可能。

 

旅行に行く時に「今回はどの本を持って行こうかな」などと悩まなくても気になる本をポチッと買って全部持っていくことができる。

 


ワンクリックで買えてすぐ読める

ワンクリックして数秒で読むことができる。

本屋に行って帰ってこなくても宅配便で数日待たなくてもその場で買って読める。


気になる本を気になった時に読めるのは助かる。

 

 

割引、セール、ポイントで安く買える

僕はKindle派なのでkoboの事は詳しく知らないがKindleで本を買う場合、普通に買うよりも数十円から数百円くらい割引していることが多い。

あとはセールで50%オフがあったりする。

 

その他にもアマゾンで買い物をした際のアマゾンポイントもKindleを買う時は多めにもらえたりするので、普通に本屋さんで買うよりも安く買えたりする。

 

 

スマホ、パソコンでも読める

これはKindleでもkoboでもアカウントさえ持っていればスマホでもパソコンでも読める。

(これは何気に便利!)

 

図解などがある場合や漫画などの絵がある場合、パソコンの大画面だと読みやすい。


逆にスマホと漫画の相性は悪くてズームしないとセリフが見えにくい場合がある。

 

ただ隙間時間で本を開くのもめんどくさい、両手でキンドルを持って読むのもめんどくさい時はスマホで片手で読めるので意外と重宝する。

 

 

電子書籍のデメリット

図があると見にくい

先ほどちらっと書いたが電子書籍はモノクロなので図解系の本とは相性が悪い。

 

最近プログラミングを勉強してるのだが図を中心にページが進んでいく本の場合、いろんなページを行ったり来たりしながら読みたいので電子書籍だとページをまたぐのがめんどくさい。

 

小説やビジネス書のように最初から最後まで一方通行で読める本は良いのだが資格系やプログラミングなど勉強する本は

「この単語さっきも出てきたなあ・・

どういう意味だったかな?」と

調べる時に何ページ前に戻ればいいのかわからないので時間がかかる。

 

こういう本の場合は普通に紙媒体の本が読みやすい。

 

 

電池切れすると読めない

説明不要ですね。

ただキンドルの電池持ちは良いので毎日充電する必要はないが、旅行に行く前日などは充電をしておいた方が無難。

 


当たり外れがわからない

中身の確認が基本的にはできないから当たり外れがある。

まあそれが本の楽しみ方だ、と言われればそうなのだが・・

 

本屋で試しに中身をちらっと見てから買いたい人もいるとだろうが、そういう人にとっては中身を読めない状態で買うのは不安かもしれない。

 

*キンドルだと最初の数ページだけ試し読みができる場合がある

 

 


まとめ

・電子書籍は万能じゃないのでメリットを大いに享受してデメリット部分は紙媒体の本でカバーしよう。

 

・図解中心・資格やプログラミングなどの勉強系の本は電子書籍ではなく紙媒体の本が良い。

 

・反対にビジネス書や小説などは安く買えて、持ち運びも便利なので電子書籍の方が良い。

 


*読み終わった本はブックオフに売ってちょっとでもお金の元を取りたい稼ぎたいと考えている人も一定数いるだろうが、メリットで書いた通り電子書籍は最初から割り引きしてあったりセールでもっと安く買えたりポイントで還元できたりするので、紙媒体で買って中古屋さんで売るということをしなくても十分元は取れる。

 


というような感じでまとめたが用途によって使い分ければこれからの読書が捗るので良い読書ライフを!

以上!