読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏に書き留めておくもの

ライフハック系を中心に更新します

俺がネガティブなのもマイナス思考なのは元々日本人が不安になりやすい国民性が原因だったから

スポンサーリンク

どうもです。

前々から僕はネガティブだったりマイナス思考なのかなと思うことがあって、 例えば階段を下りるときは万が一足を踏み外した時のことを考えて手すりがないと降りれなかったり、ジムでランニングする時に靴ひもがほどけたりしてこけて怪我しないかとかを気にしたり・・

別に考えても仕方無がないことが頭に浮かんできたりするんですよね。

 


だから階段を颯爽とタタンタタンとリズミカルに降りていく人やジムのランニングマシーンでものすごい全力疾走してる人を見ると「すげーなっ!」って毎回思います。


で、まあこんな些細なことならちょっと気をつけるだけで済むのですが、こちとら日本経済に悪風が吹いたら一瞬で吹き飛んでしまうくらいの小企業に従事してるリーマンなのでどうしても将来大丈夫かな?

と思うことがあったりするわけで・・・

 

クビになろうが会社が潰れようが食っていける方法は日本に住んでいる限りあるのですがそれでも今の慣れた生活が崩壊するのを考えると嫌だなと思うことありません??

僕は夜にふと思って寝付けなくなることがあります。

 


ただこれは僕がネガティブでもマイナス思考なわけでもなく、日本人として生まれてしまった以上、避けられないものらしいです。

 

というのもとある調査で日本人はある物質が他の民族に比べて少ないので不安になりやすい民族なんだそうです。

 

目次!

 

セロトニンという物質が不足している日本人

セロトニン(別名:安眠物質)が他の民族に比べて少ないから、僕含めて日本人はネガティブ・マイナス思考・不安になりやすい。

 

正しくはセロトニンを分泌するセロトニントランスポーターというタンパク質。

 

あれこれ心配しやすいから日本のインフラ・科学技術が世界でもトップクラスで安心できるのはありがたいことだが個人レベルでは困る。

 


セロトニンを増やす方法

普通に考えて不安を解消させようと思ったらとりあえずセロトニンを増やしたらいいんじゃないかとなる。


セロトニンを増やす方法だがセロトニンを作るには「トリプトファン」という物質が

必要になってくる。

こいつが体内でセロトニンの分泌をやってくれる。

 


トリプトファンとは

セロトニンを増やすためにトリプトファンが必要になってそのトリプトファンとやらを

増やす・摂取する方法はというと…

 

こいつは食事でしか摂取できない物質なので、こいつが含まれるものをたくさん食べるしかない。


で、気になるこいつが含まれる食べ物とは…!

 


うどん・そば・白米・大豆・アーモンド・枝豆・ブロッコリー・ほうれん草・バナナ・しいたけ・マグロ・かつお・あじ・いわし・牛肉・豚肉・鶏肉・卵・牛乳・ヨーグルトetc

 

って、普通に日常的に食べてるものばっかりやん!

これを規則正しく栄養のバランス良くっつっても炭水化物・肉とか毎回の食事であってむしろ積極的に食べてるぞ、こっちは。

 

 

逆にこれ以外の食事をすることが難しいというくらいベタ中のベタの食事ラインナップが並んでいる。

 

解決策としてはどうなのだろうか・・

 

 

結局のところ

日本人が不安になりやすいというのは国民性・民族的に仕方ない。

ただそれを解消するためには安眠物質と言われるセロトニンが必要になる。


しかしセロトニンを作るためにはトリプトファンという物質が必要なのだが、このトリプトファンは白米や肉・卵など日本人の食生活の馴染みにある食べ物に既に含まれていて日常的に摂取しているものだ。

 


つまり日本で生きている以上、既にトリプトファンを十分に摂取しているのだが摂取していても結局は不安になってしまう・・

 

結論としてはどうしようもないとしか言えない。

 

 

不安に思うことがあるなら日常的に気を付けて、不安の原因を解決するために行動する。

 

もしくは日本人は不安になりやすい民族と割り切って何か不安が襲ってきても

これは俺のせいじゃない。日本人だから必然的に不安に思ってしまう国民性のせいだ

と割り切って考えるか・・


まあ行動あるのみだな。