読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏に書き留めておくもの

ライフハック系を中心に更新します

めんどくさがり向けの一人暮らしライフハック7選

スポンサーリンク

どうもです。

新生活になって一人暮らしを始めた、もしくは一人暮らしを考えているという人も多いかと思います。

 

そこで今回は一人暮らし歴3年の僕がこれはやってみて楽になった・便利だった、というのものをまとめてみたいと思います。

 

しかもできるだけお金を掛けずにかなり手軽な方法だけを厳選した一人暮らし初心者向けライフハックです。

 

 

では行きます!

 

目次!


掃除の基本はクイックルワイパー

薬局屋さんでもネット通販でもいいから、まずはクイックルワイパーを準備するところから一人暮らしの掃除は始まっている。

 

何万円もする掃除機も外出中に勝手に掃除してくれるルンバも便利だけど、高くて手が出せないという人は数百円で買えるクイックルワイパーだけでも床掃除は十分綺麗に掃除することができるのでオススメ!

 

それに掃除機でもルンバでも綺麗になるのはいいが溜まったゴミを中身から出して捨てるというのは意外と面倒くさい。

 

しかしクイックルワイパーのシートは使い捨てで、そのシートを取り外すのも数秒だけなので拭き終わったらすぐ捨てられる。

 


一軒家だとか3LDKなど豪邸に住む人は別だが、ワンルームの部屋に住んでいるなら朝起きてからと夜寝る前の2、3分でクイックルワイパーに専用のシートを付けて狭い部屋をウロウロするだけで綺麗にできる。

 

ちなみに毎日掃除していても部屋の埃と毛の量にはびっくりして「なんでこの部屋にこれだけの埃と毛が落ちてるんだ?!」となる。

 

 

アルコールティッシュ

効率性・合理性・手軽さを求めるなら掃除用具は使い捨てに限る。

拭き掃除をする時に雑巾がけ→綺麗にする→雑巾を洗う→雑巾を干すという段取りが多ければ多いほど面倒くさくなってしまう。


そこで雑巾の代わりに重宝するのがアルコールティッシュだ。

テーブルの上にアルコールティッシュを置いて気になる汚れがあればそれでサッと拭いてゴミ箱に捨てるだけでいい。

 

アルコールティッシュの万能さは凄まじく、床の汚れから机の汚れ、窓・鏡の汚れまで何でもこれ1つで綺麗にすることができる。

 

これも薬局屋さんで数百円で売っているので、持っていない人はすぐに買って部屋のテーブルの上に置いておこう。

 

 

割り箸と紙コップと紙皿

僕は料理をしない派で調理器具などは一つも持ってないのだが、割り箸と紙コップと紙皿だけは常時台所に置いてある。

 

一人暮らしの中でも洗い物の面倒くささは頭一つ抜けていて、特に冬の洗い物ほど嫌なものはない。

 

ただ割り箸と紙コップと紙皿があれば使い終われば捨てるだけでいい。

 

食事は外食か買って家で食べるのだが家で食べる場合、割り箸で食べて食べ終わったらゴミ箱に捨てるだけで洗い物をしなくて済む。

紙コップと紙皿も同様。


面倒臭いを回避する方法は使い捨てかもしれない。

 

 

ハンガーラック

洗濯物を畳んで収納するのが面倒臭いと感じている人にオススメなのがハンガーラックだ。

 

洗濯したものをそのままハンガーラックに掛けるだけでいい。

 

一人暮らしにありがちなのが洗濯したものを取り込んで畳んで収納するのが手間だから、ベッドやソファに置きっ放しにすることだ。

 

そして服を着る時に洗濯物の山からパンツやTシャツを探して着る。

それだったら畳んで収納する手間を省けばいい。

 

1000円くらいで売っているハンガーラックを部屋の隅かクローゼットに立てておいて洗濯して干したものをそのまま掛けるだけ。

これだとシャツなど畳んだ時のシワの心配も無くなる。

 

 

 

ゴミの分別の緩い地域に住む

もう部屋を借りてしまった人はどうしようもないが、これから一人暮らしをしようと考えている人は気を付けて欲しい。

地域によってゴミの分別の方法が全く違うので事前にゴミの分別方法は調べておこう。

 

燃えるゴミ・燃えないゴミの基準、ペットボトル1つでもラベルやキャップはそのままでいいのか剥がしておくのか・・

などなど。

 

あとはマンションのゴミ置場も見ておこう。

僕が住んでいるマンションはゴミ置場が比較的広くて

「燃えるゴミはここ」

「燃えないゴミはここ」

「びん・缶・ペットボトルはここ」

 というように予め区分けされているので、ゴミが溜まった時に出せばいいのでとても便利だ。

 

ただ一般的には火曜日の朝に燃えるゴミの収集があるから、月曜日の夜に燃えるゴミを出してください、というものだ。

そのタイミングを逃すと来週まで、ゴミを部屋に置いておかなければならない。

 

忘れたりすると大変なのでそういうことが心配な人なら、ゴミ置場が広めに用意されていていつでも好きなタイミングでゴミを出せるマンションを探すのも一つの手段だ。

 

 

高層階に住む(虫が嫌いな人向け)

高層階と言ってもタワーマンションとかではなく7階とか10階の部屋ということだ。

 

僕は超がつくほどの虫嫌いで料理をしないようになったのもGのつく虫が部屋に出てこないようにするためだ。

 

実家がマンションの1階ですぐ近くに山があったので蚊やらミミズやらムカデやらGやらネズミが侵入することがあった。

 

だから一人暮らしをする時はできるだけ、高層階に住んで虫が部屋に侵入せず快適な一人暮らしを送りたいと考えていた。

 

夏場に蚊に刺されるのが嫌、Gが出るのが嫌という人は高層階に住むとその不安が解消されるので賃貸の部屋を見るときにこれも条件に加えておこう。

 

今のところ3年高層階に住んでいるが蚊が出てきたこともGも出たこともない。

 


まとめ

一人暮らし初心者やこれから一人暮らしをしようと考えている人向けにタメになる方法をまとめてみた。

 

値段的にも手軽にできて今日から実践できる方法なので気になった人は是非やってみてください。

(ゴミの分別方法と部屋に関しては

もう既に部屋を借りている人はできないですが)

 

以上!